FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EA検証 「移動平均(位置)」

昨日お知らせした通り、
EAを作って検証して行こうと思います。

どのようなEAから検証するべきか色々考えましたが、
まず基本的なテクニカルを基本的なルールで運用するEAを作って検証することにしました。

そこで着目したのが、FXプライムの「ぱっと見テクニカル」です。

「ぱっと見テクニカル」は既に第1弾「形状比較」、第2弾「パターン分析」、第3弾「売買シグナル」がリリース済みとなっています。

今回参考にさせて頂くのは第3段「売買シグナル」です。
ホームページを引用すると『第3弾の「売買シグナル」は、21種類もの代表的なテクニカル指標の売買ポイントを瞬時に読み取り、将来の値動きを分析します。』というものです。

この21種類の代表的なテクニカル指標
 ・移動平均(位置・クロス・支持、抵抗)
 ・一目均衡表(好転逆転・雲・遅行スパン)
 ・RSI(位置)
 ・ストキャスティック(位置・クロス(%K、%D)・クロス(%D、Slow%D))
 ・MACD(クロス・クロス(ゼロ))
 ・ボリンジャーバンド(第一支持、抵抗・第二支持、抵抗)
 ・パラボリック(クロス)
 ・ポイントアンドフィギュア(ダブル・信号型・トリプル)
 ・%Rオシレーター(位置・ガーベージ)
 ・モメンタム(ゼロライン)
を順次検証して行きます。

そして、今回はタイトルにもある「移動平均(位置)」を検証します。

移動平均については今更説明するまでもないと思いますので割愛します。

シグナル定義
移動平均の位置シグナルは移動平均の中期線とレートが交わった時に発生します。
●買いシグナル
レートが中期線を下から上に抜けた時にシグナル発生
●売りシグナル
レートが中期線を上から下に抜けた時にシグナル発生

移動平均の中期線 20
シグナルは終値で算出し、
シグナルが発生した場合は次の足の始値で成り行き注文を出す。
反転シグナルでポジションを入れ替える。
スリップページ 3
取引単位 10,000通貨
期間 2009年9月1日~2009年9月30日の1カ月
121証券リアル口座

移動平均(位置)1分1分足  移動平均(位置)5分5分足

移動平均(位置)15分15分足  移動平均(位置)30分30分足

移動平均(位置)1時間1時間足  移動平均(位置)4時間4時間足

移動平均(位置)1日1日足

移動平均(20)と終値からシグナルを出すので、値幅が多きくなるとすぐにシグナルが出てしまいます。
やはり、このままでは使えるはずもありませんね。

検証期間が1ヶ月と短いのは、設定方法が分からなかったからです。
どなたか教えてください。

人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログへ
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

ブログ紹介
「投資は楽しく!」を心がけ、
FXにて奮闘中です。
裁量で運用していますが、
システムトレード勉強中です。
みなさまにも、いろいろお伝えできればと思います。
一緒に考えましょう!
カテゴリ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
投資の名言

ウォーレン・バフェットによろしく
アクセスランキング!
応援お願いします!
人気ブログランキング 為替・FXランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FC2ブログランキング 外国為替へ ブログランキング【くつろぐ】へ クチコミFXへ 相互リンクとランキングプラス FX(為替)へ FXランキングへ 人気ブログランキング とれまがへ JRANK FXへ 投資比較.comランキングへ Airランキングへ メタトレーダー(Metatrader)リンク集へ FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキングへ ブログ為替レート 外為ランキングへ
アクセスカウンター
訪問者の累計:
現在の訪問者:

訪問ありがとうございます!
相互リンク
メール・コメントからお気軽に!

MetaTrader4が使えるFX会社
WindowsOS採用VPS
書籍
▼MetaTrader4▼
▽導入からEAを動かすまでの基本が理解できる数少ない本です。

▽続編です。

▼テクニカル▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。